FC2ブログ
コンテントヘッダー

今回のミニは、お琴

今回のぱぴプレミニ、大型台風が接近していましたが、満員御礼で終えることが出来ました。足を運んでくださったお客さま方、本当にありがとうございました。

今月の楽器は、琴でした。読み聞かせのさとみさんと、琴を演奏されたさとうちあきさんは、普段は地区センターで、”さとちゃんず”として読み聞かせの活動をされている方でもあります。この日も、お二人で息のあった世界を披露していただけました。

琴

琴って、床に正座して演奏するものだと思っていましたが、専用の台があるんですね。その上に琴を設置して、椅子に座って演奏されています。

『みるなのくら』 という絵本を読んでいただきましたが、これは、主人公の男が12ある不思議な蔵を次々と開けていくお話です。1の蔵はお正月、2の蔵は豆まき・・・・と、順に季節が巡っていくのですが、それに合わせて、琴の演奏。♪おひなさま、♪さくらさくらetcと、お話と共に流れる琴の音色。昔放映されていた番組の、日本昔話でおなじみの曲も途中で流れてきました。どっぷり昔話に浸れた、とても贅沢な読み聞かせでした。

じつは冒頭で、男は「12番目の蔵だけは開けてはならぬ」と言われているのですが、最後は12番目も開けてしまいまうんですね。結末は・・・・・、知らない方は、ぜひ読んでみてくださいね。

さとちゃんず

ところで、ぱぴプレミニは、開店前のともだち書店さんのスペースをお借りして開催しています。写真から雰囲気、わかるでしょうか。こじんまりとして、お客様との距離も近いので、とてもアットホームな雰囲気です。

さとちゃんずの持ち味!?である、お客さまとの交流の時間もありました。「10年後の夢」ということで、まずさとうさんが熱く語り、お客さまにも一言ずつお話を聞かせていただきました。小さな子を抱えて、今が精いっぱいで先のことなんて・・・・という方もいらっしゃれば、いろんな可能性を考えていらっしゃる方のお話。初めて会う方々にも関わらず、お話を伺うことで、繋がるひと時を過ごせました。

最後は、琴と一緒に ♪夏は来ぬ という曲を歌って締めくくりました。

子どもと琴

終わったあと、琴に興味を持った女の子が触らせてもらってました。
なかなか聴く機会、目にする機会も少ない琴ですが、とても身近に感じられた時間をお客さまと過ごせたと思います。

次回のぱぴプレミニは8月23日。ゲストは、ファゴットです。15組限定となります。ご予約はぱぴプレ音楽工房まで。
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ツイッター
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
639位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
73位
アクセスランキングを見る>>