コンテントヘッダー

中川西地区センターへ出張

中川西地区センター

都筑区にある、中川西地区センターへ行ってきました。
今日はあいにくの雨模様となり、運よく予約が出来たけれども(予約の段階で定員を超えたそうで、お断りされた方もいらっしゃるとか)キャンセル・・・という方もいらっしゃれば、当日問い合わせてみたら、空きが出て観に来れたという方もいらっしゃったようです。

大型絵本

出張公演でも、ぱぴプレのいつものスタイルである”ねずみ~ず”で始めました。
ねずみたちの動きが面白いらしく、子どもたちの楽しんでる声がしゃがんで腕を伸ばしている私たちにも聞こえてきました。

大型絵本は大きなかぶを読みましたが、「あーそれ、小学校の教科書に載ってる~!」という声や、「つぎ、ねずみだよ~」、「(読み手と一緒に)うんとこしょ、どっこいしょ」と、さまざまな子どもたちの声が。昔からある絵本ですが、やはり惹きつける力がありますね。

うさぎと手遊び

絵本を読んだ後は、うさぎさん登場。
「おじいさんみたいな、大きなニンジンが欲しい~!!」と言って、♪ちいさな畑を耕して~♪ とみんなと一緒に手遊び&歌いながらニンジンも植えました。
その後、魔法がかかって!?
・・・・・どうなったかは、観た方だけの、ヒ・ミ・ツ。

小学生だけではなく、もっと小さなお子さんもいらしていたので、みんなでチューリップも歌いました。

いつものスタイル、人形劇・絵本・フルートの演奏に手遊びもありの1時間。楽しんでいただけたでしょうか。
帰り際に「楽しかったです」「ありがとうございましたー」という声が聞けるのが、わたしたち一番のご褒美です。こちらこそ、ありがとうございました。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

3月のぱぴプレミニ

ハープ

3月のぱぴプレミニは、ハープ奏者の西村由里さんにお越しいただきました。
司会・読み聞かせは、書店スタッフでもあり、西村さんのお友達でもある、しまさん。

奏でている姿だけでも優雅で素敵なのですが、優しい旋律を聴くとさらに、心癒されました。
中には、目をつむって音楽の世界に浸ってらっしゃる方もお見受けしました。

わたしのワンピース

絵本『わたしのワンピース』の読み聞かせのとき、ハープも一緒に奏でていらっしゃいました。
わが子(幼稚園年少)も好きで、うちで良く読む絵本でしたが、島さんの優しい声と、美しいハープの世界が合わさって、今まで感じたことのない世界が広がっていました。
読み手が変わると、絵本の印象も変わると感じたことは多々ありましたが、今回ほどイメージを覆された!?のは、初めてです。

あと絵本『たぬきがいっぱい』のときには、ハープのボディを叩いて、太鼓の音も表現なさってました。

シュタイナー教育でも頻繁に用いられるライアーという楽器もそうですが、今回のハープも、静かな空間でみんなで一つの音に耳を傾ける。心が洗われるようでした。
普段、家の中ではテレビの音があふれ、外は車などの騒音があふれ。
なにかに聴き入る時間というのは貴重な気がしました。
生演奏を聴くということに慣れてないお子さまは、もしかしたら途中で飽きてしまうかもしれません。興味や楽しむ力もですが、集中力がいることですから。
しかし、音楽の世界に静かに入っていくというのも、慣れです。
ぜひ、多くの方に聴いていただきたいなぁと思いました。

ということで、西村さんには、近いうちに再び出演していただくことになりました!!
また決まり次第、こちらブログや書店便り等でお知らせさせていただきます。
コンテントヘッダー

お知らせ

3月23日(金)14時より、中川西地区センターで、『ぱぴプレ音楽工房による、人形劇とピアノとフルートの共演』があります

公演を依頼されての開催となりますので、入場は無料なようです(間違っていたらごめんなさい)。
広報よこはまの都筑区版に、申し込み方法など載っていましたので、こちらでお知らせさせさせていただきました。

お近くの方、ぜひ遊びに来て下さいね。


最新記事
カテゴリ
最新コメント
ツイッター
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
646位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
アクセスランキングを見る>>