コンテントヘッダー

11月のぱぴプレミュージック

ホルン

11月のぱぴプレミュージック、今回はゲストにホルン奏者の本郷さおりさんをお招きしました。本郷さんは幼稚園年少の男の子と、もうすぐ一歳になる女の子のお母さんでもあります。演奏される時はいつもお子さん連れになるのですが、今回も下のお子さんを抱っこして、ホルンを背負って来てくださいました。

ホルンという楽器、なんとギネスブックに載っているそうです!さて、それはどうしてでしょう?かたつむりに一番似ている楽器だから、、、ではなくて、金管楽器の中で一番難しい楽器だからだそうです。音域も広いこのホルン、世界中に愛好者がいるように、一度始めたらやみつきになる魅力を持つ楽器でもあるそうです。

ぱぴプレミュージックのお手伝いとして参加してくれた、しまさん、娘さんが、この春から中学の吹奏楽部でホルンを始めたそうで、本郷さんのお話を聞いて、ホルンの大変さを知り、ちょっぴり娘さんを見直した、なんて言ってました。

このホルン、奥ゆかしいというのか、後ろ向きに音が出るような作りになっていますよね。今回、演奏の途中で本郷さんがステージから降りて皆さんの中に入って吹いて下さいましたが、本当にホルンを身近に感じることができましたね。

今回の参加型コーナーは「村祭り」を一緒に歌い、どんどん、ひゃららのところを音を出してもらいました。「村」「鎮守」「豊年万作」など、普段使わなくなっている言葉の出てくる歌詞も、どんどんひゃららの楽しい節も、日本人として?こどもたちに残していきたい歌だな~と思います。

絵本・やきいもの日

絵本は毎回、参加して下さる皆さんの笑顔を思い浮かべながら選書しています。今回はホルンの演奏で「象」があったので、迷わず、「ぞうくんのさんぽ」大型絵本はインパクトがあっていいですね。それから、季節がら、落ち葉かやきいもの本がいいなと思っていたら、色遣いのとてもきれいな「やきいもの日」に出会いました、、、この絵本との出会いがまた嬉しい!、、、そして読んだあとは、絵本をもっと身近に感じられるように、その絵本に沿った遊びをいれるのが、ぱぴプレミュージックの、楽しいところ!プレ!!

落ち葉遊び

今回は、落ち葉遊びです。放射能の心配もまだ払拭しきれない昨今。落ち葉のプールで秋の空を見上げる、なんていうのが難しいですよね。とてもその代わりにはなりませんが、気分だけでも、落ち葉遊び~!!

最後は、3匹のねずみくんで、おしまい!をスタンダードにしていこうと思っていたのに、ごめんなさい~い!人形を忘れてきてしまい、オープニングのこびとちゃんが、小さい声~中くらいの声~、大きい声~、、をやりましたが、前回のねずみくんを気にいってくれたお友だち、今日も最後に出てきてくれるのを楽しみにしていてくれたそうです。。それなのに、それなのに~~。。。
人形を忘れる大失態!本当に、本当にごめんなさい。

次回、ぱぴプレミュージックは1月25日10時から、場所は椎の木ホールです。大人1000円、お子さんは無料。
ゲストは新年をスタートさせるのにはぴったりな、お琴!!とフルートです。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

出張公演 ひだまりの森

ひだまりの森 読み聞かせ

今日のぱぴプレミュージックは、NPO法人ひだまりの森 さんから依頼を受け、出張公演に行ってきました。
ひだまりの森さんは、子育て期の電話相談窓口として活動なさっています。昔に比べ、子育ても個育て・孤育てetc と周りで支えてくれる人が少ない中で育てていかなければならない環境。そんな子育てでふと立ち止まった時に、自分の声を聞いてくれる場所があるだけでも安心につながるのではないでしょうか。(電話窓口:045-341-3607)

さて、今回伺ったお部屋は大きな窓のある10階でした。富士山がきれいに大きく見えて、そして反対側はランドマークタワーやみなとみらい全体を眺めることができて、最高の展望でした。スタッフみんな、「わぁー、すごーい。きれーい!」って、おのぼりさん状態に。

公演には3人という少ない人数で行ってきましたが、オープニング人形劇で始まり、読み聞かせ・フルートの演奏・楽器遊びetc、一人何役もこなして、いつものぱぴプレの流れを外さず、”ちょこっと早いクリスマス”というテーマで進行。
途中クリスマスソングに合わせて、子供たちに鈴やカスタネットを鳴らしてもらったところがありました。みんな一緒の参加型コーナーのおかげで、それまで受け身だったお客様も顔がほころんでたように思います。

ひだまりの森ぴよちゃん

最後は”3匹のぴよちゃん”という人形劇をやりました。
ちいさいぴよちゃんがおにぎり食べて・・・、ちゅうっくらいのぴよちゃんもおにぎり食べて・・・、大きいぴよちゃんも・・・と同じ動作をつなげていくお話!?なのですが、人形劇10年の密本さんにかかれば、とても楽しい笑ってしまう劇になるんです。
最後ぴよちゃんが、「バイバーイ!」ってすると、大きくて一生懸命な「バイバーイ!!」って子供の声が返ってきました。
あと「ありがとー、ありがとー!!」という、これまた元気なお子さんの声もかけていただけて。

こちらこそ、ほんわか楽しい時間をありがとうございました。
コンテントヘッダー

ぱぴプレ、名前の由来

そういえば、わたしたち『ぱぴプレ音楽工房』の名前の由来をご紹介するのを忘れていました。

仲間とグループを立ち上げたとき、グループ名をどうしようか。
やりたいことは、人形劇で楽しんでほしい。絵本の世界を共有したい。生の音楽に触れて感じてほしいetc。そこで・・・・

パペット(人形劇)の
ピクチャーブック(絵本)の
プレイ(演奏・あそび・リトミック)の プレ

これらをくっつけて、ぱ・ぴ・プレ という言葉を作りました。
そして、来ていただいたお客さまも一緒に楽しめる空間・場を作りたいという願いも込めて、音楽工房とつづけました。

地域に根差した活動をしたいと思っております。
ぱぴプレミュージックに足を運んでいただいて、ほんわかあったかな気持ちになって帰ってもらいたい・・・。
大人も子供も一緒になって楽しんでもらえたなら、それは絆・繋がりを強くします。
そしてそれは、親子のみならず、参加者から家族へ、地域へと広がっていってほしい・・・。

たいそうなことを書きましたが、気軽に遊びに来てください。お待ちしております。
コンテントヘッダー

ベビーフェスタ

ベビーフェスタ

ハウスクエア横浜で開催されている”ベビーフェスタ”でのイベント、終えてきました。
”ベビーフェスタ”は毎年やっているようです。赤ちゃん連れの親子でとても賑わっていました。

会場の入り口では、布のカバンいっぱいに入ったサップル品を配っていましたし、風船に似顔絵を描いてくれるブース、工作ができたり、いろんな活動の紹介パネルにちらし、クジや抽選にも参加できるようでした。手作りパンやワゴン車販売の屋台など、食べ物も売っていました。

ぱぴプレ音楽工房は、45分の公演を行ってきました。ありがたいことに、整理券は早い段階で全てなくなりました。

ぱぴプレのいつもの流れと同じ、オープニングテーマソングで始まり、絵本あり、人形劇あり、フルートの演奏あり。

大型絵本で、ぴょーんを読んだ後、小さな子どもたちと一緒に、赤ちゃんを抱えたお母様も一緒に、ぴょんぴょんジャンプして身体も動かしました。

音声トラブルや慣れない会場での演奏、公演だったので、見苦しい点もあったかもしれません。。。
参加された方々、楽しんでいただけたかしら。。。
コンテントヘッダー

11月18日イベント

お知らせするのが直前になってしまいました。(しかも前日!)
横浜市都筑区にある、ハウスクエア横浜で行われるイベントに18日金曜、参加いたします。

ハウスクエアは住宅展示場ですが、さまざまなイベント企画も行っていて、18・19日はベビーフェスタと題して、小さなお子様が楽しめるプログラムや体験のできるイベントがあります。

ぱぴプレ音楽工房は、13:15~14:00に親子コンサートをやります。
限定40組、12:45から整理券を配布するようです。

ぜひぜひ、お友達もお誘いの上、遊びに来て下さいね~♪

ハウスクエアのHP は こちら
コンテントヘッダー

取材を受けました!

先月26日に行われたぱぴプレミュージックの際、じつは取材も受けていました。
”リトル・ママ”という、各地の子育て支援活動の紹介や情報が盛りだくさんなサイト運営をなさっています。子育て中という方、こちらで情報を集める方も多いのでは!?

取材に来て下さった方も、3児の母だそうです(しかも0・2・5歳!!)。育児で大変なはずなのに、そう見えないかっこいい方でした。背が高くて、キレイで、サバサバしてて。同じ育児をしている母として、「小さな子供がいても活動が出来るんだ」と知れる機会は、励みになります。

さて、そちらの記事がHPにアップされたそうなので、ご紹介させてください。

リトルママ「ぱぴプレ記事」
http://tokyo.l-ma.jp/tokyo/interview_circle/201111/13378/

コンテントヘッダー

11月のぱぴプレミニ

月ようびなにたべた

今月のぱぴプレミニ。ゲストにリトミック講師の牧谷泰子さんをお迎えしました。
牧谷さんは、ぱぴプレ音楽工房メンバーである上田と共に、リトミック教室もやってらっしゃいます。ということで、息の合ったお二人で進行していただきました。

『たまごの赤ちゃん』『くっくくっく』『月ようびは なに たべる?』の絵本を読んでいただきましたが、これらすべてに、キーボードで効果音?演奏?がありました。
言葉や場面場面に合わせての表現。絵本の世界も広がります。

たまごころころ

『たまごの赤ちゃん』のあと、布で出来た卵が出てきました。牧谷さんが「たまご コロコロ・・・」と言いながらその卵をなでると、自然とお母さまたちが自分の子の頭も同じように撫でていたのが印象的でした。
その卵が、あれあれ、くるっとひっくり返って、ひよこやワニといった動物に変身しました。

たまご・ぬいぐるみ

それを一人一人子どもたちに渡してあげていました。

森の音楽家の歌とパネルシアター、楽器遊びにがたごとバスなど、親子参加で楽しめるプログラム。

いつものぱぴプレとはまた違った、お二方の温かくて優しくて、ほわ~んとした雰囲気が前面に出ていました。こういうのは、人柄が出ますね。

さて、次回のぱぴプレミニは12月14日(水)10時~。フルートの演奏と絵本と、クリスマス気分を味わえる内容でお送りいたしまーす。限定15組。

12月のぱぴプレミュージックはありません。1月25日(水)椎の木ホールにて、琴とフルートのしらべで新年スタートです。
ご予約はお早めに。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ツイッター
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
148位
アクセスランキングを見る>>