コンテントヘッダー

10月のぱぴプレミュージック

10月のぱぴプレミュージック、今回はゲストにトランペット奏者の香田英祐さんをお招きしました。

トランペット演奏

トランペットといえば金管楽器の中でも花形。その音色もさることながら、見た目も華やか(しかも香田さんはものすごく長身!)でした。聴いていて気持ちも高揚しました。実際、ファンファーレなど士気を高めるために使われたりしますもんね。
運動会でおなじみの曲だったり、よく耳にする曲を演奏してくださったので、自然と耳も気持ちもぐっと近づきます。

トランペット体験2

途中の楽器紹介の部分で、トランペットの演奏体験もさせてくれました。本物の楽器を、いとも簡単に赤ちゃんや小さな子供に触らせてあげていて、なんとも太っ腹。そして3歳の男の子が音を出せたときは会場みんなで拍手喝さいでした。

ミュート各種

ミュートという、トランペットの音の出る開いた部分にはめる弱音器も3つ紹介していただけました。それぞれ実際に吹き比べてくれたのですが、小さな方から『プラクティスミュート(室内練習用だそうで音がすごく小さくなりました)』、『カップミュート(音色が変わります)』、『ワウワウミュート(穴があいていて手で音色をかえられます)』。3つとも全然音が違い、トランペットからこんなにいろんな音色が出せるのだと知れて、面白かったです。
あと、トランペットのほかにコルネットやポケットトランペットという大きさの違うものも紹介していただきました。

今回ももちろん、参加型コーナーをやりました。用意した手作りのマラカスを子どもたちに配り、トランペットの演奏に合わせて一緒に音楽を体感したり、会場のみなさんと一緒に「真っ赤な秋」も歌いました。

ふわふわちゃん

絵本「むくむくもごもご」の読み聞かせのあとで、ふわふわちゃんも登場しました。ふわふわちゃんと操っているスタッフの服が偶然にもリンクしてました(笑)
絵本に描かれている、鮮やかな色のセーターがとても柔らかそうでしたが、このふわふわちゃんも手触りが気持ちいい。子どもたちも「わぁー!」って喜んでいました。なでてくれる子もいましたよ。

今回は司会者を務めさせていただきましたが、前からみなさんの顔を見ていると、場面場面でいい表情してるんですよね。子どもはもちろん、大人の方たちも。その表情を写真に撮りたくて撮りたくて、ブロガーの血が騒ぎましたねぇ。みなさんにご紹介できないのが、とても残念です。

最後は、3匹のぴよちゃんズ(ねずみバージョン)の人形劇で締めくくりました。

ぱぴプレミュージックは、子どもはもちろん大人の方も楽しんで頂きたいと活動しております。みなさんの反応やニコニコした顔がきっと答えだと信じて・・・・、また次回からも頑張りたいと思います。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

ともだち書店

ともだち書店

ぱぴプレミニの会場として使わせていただいているのが、ともだち書店(正式名称:こどもの本のみせ ともだち)です。
永く地元で愛されている絵本児童専門店で、おはなし会など無料で参加できる定期イベントもやっておられます。
見るからに可愛いアットホームな風貌のお店の中には、小さなテーブルと椅子、遊べるおもちゃも置いてあるので、絵本選びをしている間でも、ちいさなお子さんも過ごしやすい空間となっています。

IMG_7924.jpg

本だけではなく、絵本のキャラクターグッズや手作りの小物も売られていて、眺めているだけでも、うきうきわくわく楽しめます。(『しろくまちゃんのホットケーキ』のTシャツは激カワ!!)

リンクを張っておきますね。
http://homepage3.nifty.com/tomodachi/index.html

書店は、グリーンラインの日吉本町駅から徒歩5分のところにあります。


大きな地図で見る
コンテントヘッダー

10月のぱぴプレミニ

5日、14日と10月のぱぴプレミニを行いました。記事をアップするのが遅れて、申し訳ありません。
基本的に、同じ月に行うぱぴプレミニは、メインゲストが同じで、プログラム等も同様に組み立てています。なので、お手軽に多くの方に楽しんでいただきたいと月2回、縮小版で活動しております。

14日はブログ担当(わたくし)が参加できなかったので、遡って5日の内容を書かせていただきます。

10月のミニのゲストは、ソプラノの渡辺麻衣さんでした。渡辺さんは、カナリアアンサンブル代表・かなりあ少年少女合唱団主催・のはらプロジェクトetc、幅広く活動をなさっている方です。伴奏は、ピアニストの津村貴子さん。

この日はあいにくの冷たい雨にもかかわらず、欠席なさったお客さまゼロ。小さなお子様連れだというのに、ありがたいです。

ソプラノ・渡辺さん

『あんな細い体からどうやってこんなに声が出せるんだろう・・・』と驚きながら、歌声に聴き入ってしまいました。澄んだキレイなソプラノ、それでかつ遠くまで響く伸びのある声。
数々のステージも経験なさっているので、みんなを盛り上げるのもお手の物。最後はみんなで合唱したのですが、生のソプラノを聴きながら一緒に歌うのが心地よく、楽しい気持ちになれました。きっといい脳内ホルモン分泌されてたはず(笑)

だるまさんが

恥ずかしながら、この日はわたくしブログ担当者が、初の読み聞かせ、司会進行をやらせていただきました。
何をしゃべっていいのやら、出だしから頭が真っ白になってしまい、渡辺さんに何度も助けていただきました。(無理やり助け舟出していました・・・)

『どうぞのいす』、『くっついた』、『だるまさんが!(ピアノで音響効果入り)』を読ませていただきましたが、緊張しながら読んでいても、お客さまがぐぐっと話に入ってくる感じって伝わってくるんですよね。
子どもたちの「あっ、〇〇だ!」と声に出してくれる素直な反応。力づけられました。
ありがとうございます。

さて、9月はミニのゲストもぱぴプレミュージックのゲストも同じでしたが(木琴とマリンバという楽器の違いや選曲の差はあれど)、今月26日のぱぴプレミュージックはトランペットになります。こちらも、お楽しみに♪
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ツイッター
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
72位
アクセスランキングを見る>>