コンテントヘッダー

第1回 ぱぴプレミュージック

IMG_6559.jpg

今日、日吉にある椎の木ホールで、初のぱぴプレ音楽工房主催、ぱぴプレミュージックがありました。

(※ややこしいですが、私たちのグループ名は、ぱぴプレ音楽工房。”人形劇と絵本と音楽”を融合させたものを、ぱぴプレミュージックと呼びます)

記念すべき第一回目の演奏はフルートで1時間のプログラムでした。

IMG_6568.jpg

ここ椎の木ホールは、クラシックな雰囲気で、こじんまりとしたあったかい空間。
お客様との距離も近くて、反応も肌で感じることができました。

絵本や人形にぐぐっと引き込まれている子どもたちの表情。フルートの演奏に静かに耳を傾けて、ライブならではの雰囲気を味わっていただけたようでした。

くまの楽器店を読んだ後、子どもたちと太鼓をトントン叩いて遊んだり、フルートの早春賦を聞いた後、お客様と一緒に早春賦を歌ったり。そういった参加型コーナーもありました。

IMG_6610.jpg

じつは、プログラムにはないスペシャルゲストも登場。絵本作家のゆみちゃんさんに来ていただけました。

そして自著の 『にゃーい!にがおえパン』 を読んでいただけました。書いた本人に読んでいただけるなんて・・・・、なんという贅沢。

ゆみちゃんさんは、とてもかわいらしい方で、作風からも伺えるコケティッシュな雰囲気をお持ちの方でした。

ぱぴプレ音楽工房は、一方的に与えるステージではなく、お客様も巻き込んでいきたいと思っています。それが初回から実現することができて、とてもアットホームな時間となりました。

前日から降り続いた雪も残る中、聴きにきてくださったお客さま。どうもありがとうございました。

次回は、3月23日、夢スタジオで行います。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

はじめまして

『絵本の読み聞かせ・人形劇・生演奏』をコラボレーションさせたものをやりたい・・・・。

今回、人形劇や読み聞かせをしてきたメンバー、演奏活動をしてきたメンバーが集まって ”ぱぴプレ音楽工房”というグループを立ち上げました。

最近では、0歳からの親子コンサートというものも数多く開催されるようになり、赤ちゃんでも生の音楽に触れる機会が持てる時代になってきました。
しかしせっかく生の音楽を聞かせたくとも、音楽だけでは、小さな子供は途中で飽きてしまうものです。

また”絵本の読み聞かせ”だけでも、飽きてしまうでしょう。

そこで、自分たちメンバーの経験を生かし、『人形劇と絵本と音楽』を交互に組む内容を実現いたしました。

そうすることで、集中力の続かない子供たちにも、興味を持続して引き付けることができるのです。長い時間でも、飽きることなく楽しむことができます。

子どもにも分かりやすい内容、そしてそれはもちろん大人にも楽しんでもらえる内容。

どうかよろしくお願いいたします。


最新記事
カテゴリ
最新コメント
ツイッター
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
148位
アクセスランキングを見る>>