FC2ブログ
コンテントヘッダー

9月のぱぴプレミニ

9月のぱぴプレミニは、ゲストにマリンバ奏者の堤知恵子さん、読み聞かせには、元アナウンサーの寺澤京子さんをお招きしました。

IMG_7913.jpg

本来ならマリンバを演奏していただきたかったのですが、スペースも限られているので、ぱぴプレ・ミニは木琴での演奏となりました。

ピアニストの津村貴子さんに、これまた限られたスペースということで、ピアノではなくキーボードで伴奏をしていただきました。プロの方に、このような環境は申し訳なかったかもしれません。しかし、お客さまとの距離が近く、この小さなコンサートも楽しんで演奏してくださいました。

木琴は叩いた瞬間しか音の出ない楽器なので、弦楽器や管楽器のように長く音を伸ばせません。長く音を伸ばすときは同じ音を細かく連打します。それがピアノや弦楽器・管楽器と大きく違うところなんじゃないでしょうか。

なので、表現される音楽が、同じ曲でも水彩画と点描画のように、印象が変わって感じられると思います。

IMG_7918.jpg

途中で、段ボール太鼓というものもやっていただけました。
色とりどりのテープが張られた段ボール。出てくると大人も子供も「なんだ?なんだ?」と覗き込んでいました。

IMG_7921.jpg

大きさの違う段ボールを巧みに叩いて、リズムだけの音楽。動きも鮮やかで、観て聴いて、おもしろかったです。

9月のぱぴプレミニは2回やります。次回も同じ内容で、15日10時から、ともだち書店で開催します。
(今の時点で残り4組となっております)
コンテントヘッダー

8月のぱぴプレミニ

IMG_7851.jpg

毎月恒例の、ともだち書店でのぱぴプレミニ。今回はファゴットをゲストにお呼びいたしました。
ファゴットという楽器、低音を担当することも多いので、あまりソロで演奏することも少なく、ちょっと馴染みにない楽器かも知れません。
しかし、とても温かみのある、素敵な音を奏でてくれる楽器でした。

楽器の特性上、伴奏もしくは通奏低音をファゴットに演奏していただき、旋律はフルートでのドュオとなりました。

途中、楽器紹介もしていただけました。
1本の筒に見えますが、下の方でU字に曲がっていて、全長3メートルにもなるのだそうですよ。

ぱぴプレミニ終了後、興味を持った子どもたちに、実際ファゴットも吹かせていただけました。

IMG_7871.jpg

間近に音を聴いて、吹けて。贅沢な経験になったと思います。
息を吹き込む部分は、ストローをペタンコにつぶしたような形状になっているので、音を出すのも難しいと思われましたが、意外に子どもは思い切りが良いようで。大人よりいい音出してましたよ。

演奏中、おもちゃでフルートの真似をしてくれていた女の子もいたようです。

IMG_7870.jpg

子どもは模倣するのが大好きですよね。
こうやっていろんな楽器を身近に触れて、感じてくれて。そういった様子を見れるのも、わたしたちぱぴプレスタッフの楽しみでもあります。

さて、次回のぱぴプレミニは、9月7日と15日になります。ゲストは、マリンバ奏者の堤さん。ミニなので、規模も小さく木琴鉄琴になるかもしれません。。。
両日同じ内容ですので、都合のよい日に遊びに来て下さい。大人500円、未就学児無料。

9月28日の、夢スタジオでの公演は、本格的なマリンバで演奏していただきます。こちらも合わせてご予約を!!
コンテントヘッダー

今回のミニは、お琴

今回のぱぴプレミニ、大型台風が接近していましたが、満員御礼で終えることが出来ました。足を運んでくださったお客さま方、本当にありがとうございました。

今月の楽器は、琴でした。読み聞かせのさとみさんと、琴を演奏されたさとうちあきさんは、普段は地区センターで、”さとちゃんず”として読み聞かせの活動をされている方でもあります。この日も、お二人で息のあった世界を披露していただけました。

琴

琴って、床に正座して演奏するものだと思っていましたが、専用の台があるんですね。その上に琴を設置して、椅子に座って演奏されています。

『みるなのくら』 という絵本を読んでいただきましたが、これは、主人公の男が12ある不思議な蔵を次々と開けていくお話です。1の蔵はお正月、2の蔵は豆まき・・・・と、順に季節が巡っていくのですが、それに合わせて、琴の演奏。♪おひなさま、♪さくらさくらetcと、お話と共に流れる琴の音色。昔放映されていた番組の、日本昔話でおなじみの曲も途中で流れてきました。どっぷり昔話に浸れた、とても贅沢な読み聞かせでした。

じつは冒頭で、男は「12番目の蔵だけは開けてはならぬ」と言われているのですが、最後は12番目も開けてしまいまうんですね。結末は・・・・・、知らない方は、ぜひ読んでみてくださいね。

さとちゃんず

ところで、ぱぴプレミニは、開店前のともだち書店さんのスペースをお借りして開催しています。写真から雰囲気、わかるでしょうか。こじんまりとして、お客様との距離も近いので、とてもアットホームな雰囲気です。

さとちゃんずの持ち味!?である、お客さまとの交流の時間もありました。「10年後の夢」ということで、まずさとうさんが熱く語り、お客さまにも一言ずつお話を聞かせていただきました。小さな子を抱えて、今が精いっぱいで先のことなんて・・・・という方もいらっしゃれば、いろんな可能性を考えていらっしゃる方のお話。初めて会う方々にも関わらず、お話を伺うことで、繋がるひと時を過ごせました。

最後は、琴と一緒に ♪夏は来ぬ という曲を歌って締めくくりました。

子どもと琴

終わったあと、琴に興味を持った女の子が触らせてもらってました。
なかなか聴く機会、目にする機会も少ない琴ですが、とても身近に感じられた時間をお客さまと過ごせたと思います。

次回のぱぴプレミニは8月23日。ゲストは、ファゴットです。15組限定となります。ご予約はぱぴプレ音楽工房まで。
コンテントヘッダー

ミニ、始動!

今回、日吉本町にある ともだち書店 さんのスペースをお借りして、いつものぱぴプレミュージックの縮小版をやってみました。

椎の木ホールのしっとりした雰囲気もいいのですが、ホール代がかかってしまうため、その分を料金に上乗せさせていただかなければならず・・・・。もっと気楽に、ぱぴプレとはどんなものかしら!?と知っていただくためにも、低料金で体験できる場を作りました。

ちなみに初回は、出血大サービスの、親子で300円!(すみません、次回からは500円とさせていただきます)

初回ということで、慣れているぱぴプレ音楽工房のメンバーの、密本(読み聞かせ)と、橘内(フルート)で行いました。

書店なので、ピアノはもちろん置いてありません。なので、フルート演奏時はピアノ伴奏のCDを流しておこないました。

あまり宣伝しなかったものの、お断りするほどご予約を頂き、メンバー一同、大変ありがたく思います。今回申込できなかったお客さま、本当に申し訳ございませんでした。

さて、今回のぱぴプレミニの内容は・・・・・

0~1歳のお子さまが多かったのですが、みんな騒ぐことなく絵本も手遊びも音楽も楽しんでいるのにはびっくりしました。中には気持ちよくなって寝ちゃった子もいました。

『りんごがコロコロコロリンコ』を読み終えたあと、密本さんが 「小さな子供に読み聞かせる絵本は、こういったリズムがおもしろいものが楽しめると思います」 と言っていました。なるほど~、まだ言葉の意味がはっきり分からない赤ちゃんでも、絵と言葉のリズムで十分楽しめるんですね。しかも、その文章のリズムは、繰り返しが多いものが良いのだとか。

次回のぱぴプレミニは、7月20日になります。演奏楽器はなんとお琴!!どんな世界を醸し出してくれるのか、スタッフとしても今からとても楽しみです♪

読み聞かせは斎藤里美さん、演奏は佐藤千明紀さん。

お客様にゆったりと過ごしていただきたいので、次回定員は10組とさせていただきます。ご予約はお早めに。(申込み:ぱぴプレ音楽工房 080-3127-2757まで)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ツイッター
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
844位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
103位
アクセスランキングを見る>>